食生活を最適化して人生を好転させる。

  1. HOME >

食生活を最適化して人生を好転させる。

ヒントは糖質の摂取量に関心を持つこと。

前のページでは食生活において、糖質の摂取量に無関心でいることの危険性についてお話しました。

このページまで読み進めて頂いている方は、きっとこの指摘について共感いただいているかと思います。

では、具体的にどのような食生活を送れば良いのでしょうか。

私はこれまでのページの中で、「糖質の摂取量への関心の大切さ」を書いてきたのですが、糖質制限そのものを強く推奨する表現となっていないことにお気づきでしょうか。

カフェジンタからのご提案はあくまで、「糖質の摂取量を意識した食生活」なのです。
糖質をとることで人は幸福感を感じます。

朝コーヒーと一緒に食べるトースト、午前中目一杯頑張った後のおにぎり、帰宅して飲むビール一杯、夜ごはんの後にいただくお土産の和菓子などなど、どれをとっても糖質たっぷりだからこそのご褒美です。

これも糖質について評価すべき側面なのです。

糖質を摂取した時に引き起こす反応とは

糖質は摂取の仕方次第で、健康を害する可能性に差が生じます。

簡単に言えば、摂取する速さによって身体の反応は変わり、同じ量の糖質でも時間をかけて摂取すれば、血糖値の上昇はそれだけ緩やかになります。

血糖値の上昇が緩やかになれば、身体の反応も穏やかなはずで、心身がより安定的であると考えられます。

早食いが太ったり、身体に悪いと言われたりするのには根拠があるのです。


早食いで糖質を大量に摂取すると、インスリンが大量に分泌され、血糖を脂肪にして身体に蓄えます。

その作用によって、急激に血糖値が下がるため、今度は正常な範囲より下がりすぎてしまいます。

すると今度は脳が必要とする血糖が不足することとなります。

昼休みの後で眠くなる方は、お昼ご飯に糖質を取りすぎてないか、しかもそれを早食いで食べていないか振り返ってみてください。

食事の取り方次第では、毎日のように何時間もの時間を睡魔との戦いに明け暮れることになりかねません。

これは人生にとって非常に大きなマイナスです。

もし、今の生活に行き詰まりを感じたり、モチベーションが上がらないといった悩みを抱えているなら、食生活を見直すことを考えてみてください。

食生活を最適化することは、あなたの活動の効率を最大化させ、より多くの成果を得られるに違いありません。

日々の小さな成果の積み重ねは、あなたが人生を開く歩みの積み重ねです。

カフェジンタではこうしたことを前提にして、サービス全体を通じて糖質を摂取することへの意識を促し、摂取のあり方をコントロールすることをご提案しています。

一つには、やはり量的なコントロール。

そしてもう一つは、食事にかける時間のコントロール。


いたずらに糖質を絶対悪のように制限をするのではなく、身体にどのように作用するのかを知り、上手に付き合うことで、身体に与える健康不安を払拭し、精神的な幸福感も高めることができるのです。

カフェジンタはそこに使命を見出しました。

このサイトのトップページでカフェという空間についてのカフェジンタの想いを記させていただきました。

それは、ゆっくり落ち着いて過ごせる空間が、食事にかける時間のコントロールをする上で、非常に重要な要素であるという考えに基づいています。

その空間で過ごす時間を定量的に確保していただくために、カフェジンタではご予約プランを時間従量制とさせていただいております。

過ごす時間を決めてご予約いただくことで、周囲の状況を気にして時間に追われることなく、存分に当店のサービスをご堪能いただけます。
食べたときの「美味しかった!」や「お腹いっぱい♪」の満足感もさることながら、「元気になれた!」や「これから頑張れそう!」の充実感を体感できるサービスを提供すること。


それこそが私達の使命です。

充実感を貴方の生活の中で日常化できるなら、カフェジンタにとって、それに優る喜びはありません。

© 2021 ジンタ式 LIFE HACK | 現役カフェオーナーが営むライフスタイル研究所 Powered by STINGER