烏丸三条から瀬田唐橋へ移設作業を行いました

  1. HOME >
  2. 店舗移転のお話 >

烏丸三条から瀬田唐橋へ移設作業を行いました

5月8日に三条烏丸のお店を閉めてから、一気に移転の作業が加速しています。

外見にはさほど変化がないように見えますが、中は古民家がどんどん、カフェへと変身していってます。

このお店のデザインは、工務店の親方さんにアドバイスをもらいながら、自分たちでしました。

これまで2店舗を開いてきたのですが、基本的には元々あったお店の作りをいかして、自分たちの店のカタチにしました。

今回は、ほぼ家の状態の古民家を、一からカフェ仕様に改装です。

一からなだけに、自分たちの今までの店運営で培ったノウハウを、妥協なく細部まで盛り込めるだけ、盛り込んでます。

もちろん、限りある予算の中でのことですから、限界はありますが、かなり納得のいく店に仕上げられると思います。

そして、新しい店の準備が進むと同時に、烏丸の旧店舗の退去作業も着々と進行します。

今日は、旧店舗から新店舗へと設備や什器類を移設しました。

16年の営業で色んなものを積み上げてきたお店ですが、いざとなるとあっという間にスッカラカン。

お昼過ぎにはこの状態です。笑

何にも無くなったお店で、ちょっぴりセンチメンタル。

私たちが退去後に解体する予定なので意味はないのですが、それでも立つ鳥跡を濁さず。

明日キレイに掃除をして、この場に今までの働きを労って、お別れしようと思っています。


こうして改めて見ても、16年経ったとは言え、今でもいい雰囲気は十分に出せていると思います。

誰かに使ってもらえたらいいのになぁ。

厨房土間などをこのまま使うのであれば、改装費用などはかなり安くで、おしゃれな店は作れると思います。

すでにネットなどでテナント募集されているみたいなのですが、もしこの内装で使いたいという方がいらしたら、早めに申し入れしてくださいね。

あれ?なんだか不動産の営業みたいですね。笑

明日、旧店舗の掃除が終われば、これからいよいよ、新店舗の準備が本格化。

気合入れて準備していこうと思います!

という訳で、今日はこの辺で。

-店舗移転のお話

© 2022 カフェジンタ | Cafe Jinta Powered by STINGER